読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

artbluebird

約5年の沈黙を破って、、、

Asada Blue

 

youtu.be

 

 

 

 

浅田選手が現役引退を発表されました。

本当に長年、お疲れさまでした。

私は関係者でもなんでもないただの一般人なのですが、

 

それでもこういう発言をしたい選手です。

 

 

私はこのフリーの演技を見て、今までの浅田選手の印象と180度認識が変わりました。

 

 

「真央ちゃんというアイドルから、浅田選手という一人のアスリートになった瞬間である。」と。

 

 

このソチオリンピックのフリーはテレビで痺れました。

圧巻。

っていうか、演技終了後、

テレビで見てても、「やべー」って感じでなんも言えないぐらいの凄みがありました。

そして、浅田選手の本性をみたような

気がしました。

 

 

国民的アイドルは、実は無茶苦茶ストイックな“アスリート”だったんだと。

 

 

逆にそれが非常に嬉しくも思いました。

 

 

“あぁ、やっと自分の本性をリンクで表せたんだな”

 

 

リアルタイムでこの演技をテレビ越しに拝見していたのですが、

表現者としてではなく

本当に浅田真央という一人の人間の、アイドルではなくアスリートとしての本懐を垣間見たような感じでした。

 

 

 

これは伝説のフリーとして語り継がれるべきです。

 

 

 

ピカソには「青の時代」と評される作品がいくつかありますが、

その言葉を拝借するならば、

これは「Asada Blue」の真骨頂かと。

 

 

そして、本当に個人的には

暖色系の色ではなく、

浅田選手に似合うのは実は寒色系だったのではないかと。

 

 

 

浅田選手はやはりアイドルではなく、本質はアスリートだった。

 

 

 

皮肉なものだと思う。

本人がどうなのかはわかりかねますが、

終わった後でアイドルではなかったと、わかってしまうのは。

 

 

 本当に、皮肉なものです。

 

 

ただひとつ思うのは、

浅田選手は決して、悲劇のヒロインではないということ。

 

 

 

 

今後ますますご発展されるよう

一人の一般人として心より願っております。