artbluebird

約5年の沈黙を破って、、、

『in the mood』

 

 

youtu.be

 

 

「アンタはこの曲ね。」

 

 

 

有無を言わさず、小学生の時にスパルタ先生に渡された一本のカセットテープに入っていたのがこの曲だった。

 

 

色々制約があってこんなスイングしたビックバンドジャズではなく

ピアノアレンジされたものだったけれど、

 

 

それが、私が生まれて初めて一個人として

“何かを”

親以外の一介の俗世間のオーディエンスに

初めて披露する曲になった。

 

 

それが10歳の時。

あれから30年まではいきませんが(きみまろさん風に言えば)

時間が経った今でもこの曲には特別な思い入れがありまして、

あの時はスパルタ先生に有無も言えなかったけど、

今なら少しだけ自分なりのこの曲に思うことも

先生に言えそうな気がします。

 

 

※先生、お元気にされてますでしょうか?

熊本で、先生らしく相変わらずスパルタに指導されてましたら、

私は嬉しく思います。

それがある意味先生らしさでも、ありますから。※

 

 

あの時は、なんでこんな明るいポップな曲を私に授けたのか理由が分からなかったけれど、

今なら少しだけですが、分かるような気がします。

 

 

 

…先生は、私の本質をあの時にすでに見抜いてたんやな。…

 

 

 

母親はよく私に言っていた。

 

「アンタはホント、いい意味でもそうじゃなくても目立ってしまうけね。」

 

 

そのいい意味が、

スパルタ先生が言った

 

 

「アンタはこの曲ね。」

 

 

なのである。

 

 

 

 

私はあれから、本質が変わらず、そのままなのかもしれない。

 

 

 

 

 

あーーーー、とりあえず仕事頑張った!!!

 

 

 

お疲れっした!!