artbluebird

約5年の沈黙を破って、、、

自然界と人間界とマスコットお姉さん。

 

 

「○○○(私のファーストネーム)、どうして日本人はいつも天気で気分が変わるのか?

 僕にはさっぱり理解できない。

 天気がいい悪いだけで気分や行動が左右されるなんて、

 ナンセンスだよ。」

 

 

学生時代に知り合った、当時日本で英語教師をしていたアメリカ人の発言です。

 

 

…たしかにそうやな。…

 

 

言いえて妙のアメリカ人。

妙に納得した覚えがあります。

 

 

本日は全国的に大寒波で積雪当たり前。

だけど、本日のような悪天候でも

上記の彼は、今日ランニングをすると前から決めていたのであればするでしょうし、

外出の予定があるならどんな手段を使ってでもその場所に行くことでしょう。

これは危険をおかしてまで行動しろという意味ではないんです。

彼が言いたかったことは、

「お前の想いはそんなものか?!」

「自分の意志がそんなことで曲げられるものなのか?いや、そうじゃないだろ。」

という漢文でいう逆説の「いや、そうじゃないだろ」ってことだけが言いたかったわけで。

 

 

確かにそうだなと思うことは多々ありますが、

生粋の日本人の私は日本人特有の左右されやすさも

どちらも理解できますが…

 

 

まっ、私なりには

「人間があーだこーだ言ったところでお天道様にもバランスってものがありますから、たまには爆発せんとストレス溜まるでしょ。」

っていう感じではあります。

自然界も人間界も同じですよ、きっと。

それに左右されるかされないか、

ただそれだけの話。

 

 

Deeper and Deeper / Anna McMurphy - YouTube

 

 

本当にお話がガラッと変わるのですが、

20代の時から

どーーーーも、子供、

特に物心つく前の子供(6歳未満)には

こちらが何もしてないのに

私の顔を見るなり

まるで何かのマスコットだとか着ぐるみのようなリアクションをされるのです。

私の顔を見るなり、

「きゃーーーーーーーーーーーぁ。」

といって、笑いながら走り回るはしゃぎ回る。

よくお母さんからは、

「いやー、保育士さんで似たような顔の方がいたんですよ。きっとそれですよ。」

としょっちゅう言われてたのですが、

内心

…そんなわけないやろ。私ジャージじゃないし。幼児なめんなよ。あいつらは下手すると大人より鋭い時あるからね…

なんて笑いながら聞き流してたんですけど、

そして、「まーこんなの私がある程度の年齢になればギャーギャー言わなくなるっしょ。」

とその当時は思ってたのですが、

私、もう30半ばのテニス界の皇帝フェデラーさんと同級生なのですが、

いまだに変わらないのです。

私個人的に『弱い者にはとことん優しく』というポリシーがあるのでそれは普遍的ですが、

ただ、子供からしたらだいぶおばさんですから、私。

なんでいまだにマスコット的な反応をされるのか、よくわかりませんが、

私も理系女子らしく、必死に考えたわけです。

「なんで私の顔を見ると幼児がはしゃぎまくるのか?」

 

 

 

で、最近ようやく結論が出ました!

 

 

「私自体がどうもマスコット的なんだ。」と。

 

 

 

大昔ですが、当時付き合っていた彼氏に

「お前さ、よく見るとにこにこぷんのピッコロみたいな顔してんよな。」

って言われて、どういう反応をしていいのか困った経験があります。

しかも公園デートしてて、完全にこの後キスやろみたいな雰囲気のときですよ。

…なんだよ、お前なかなか面白いじゃん。…

…でもこれどっちなん?お笑い?マジ?よくわかんねーなー。…

 

 

アイツ、なかなかやりおる。

学年一のモテ男のスキルであります。

 

 

あー、もういいや。

とりあえずドラゴンボールのピッコロじゃなくてよかった。

 

 

 

youtu.be