読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

artbluebird

約5年の沈黙を破って、、、

推しももちの引退

 

 

 

昔からですが、アイドルにはまったく興味がないんです。

私が小学校の頃、光GENJIが全盛期で、それはまぁすごい人気でした。

そのバックダンサーをしていたSMAPがそのあと出てきて

Kinkikidsがいつの間にか出てきて…。

これまた私が小学校の頃、みぽりん派かきょんきょん派か分かれて、

そのあと浜崎あゆみさん、華原朋美さん、安室奈美恵さんの全盛期。

って感じで。

 

 

 

私の友達は私同様、あまり?かなり?ミーハーなことが嫌いだったので

身内でそういう話は出なかったのですが、

同級生がやったら明星だのブロマイド写真だの持ってきては

「かっこいいよねー」って言っていた記憶があります。

 

 

…ふーん。どうせアイドルやろ?…

…私は身近におる生身の男のほうが好きやわ…

…いやいやいや、いくら可愛いって言ってもさー。…

…あんたの友達やないんやけ…

 

 

と思って冷めた目線で見ていたことはたやすくご想像いただけるかと思います。

 

 

いまだにアイドルというフレーズが出るだけでまったく興味を示さないのですが、

近年、唯一「おっ。こいつええやん」ってアイドルがいました。

 

 

 

それが、嗣永桃子さん。

通称:ももち。嗣永プロ

 

 

 

嗣永さんは、近年のアイドルというよりは

私が唯一好きなレジェンドアイドル、山口百恵さんのような、

昭和のマニュアル感があって、

どこか「割り切っている感」があるのが好きなんです。

 

 

『アイドルはかくあるべき』

 

 

喋らなければ、ルックスは可憐な少女です。

が、目はどこかクールなんです、嗣永プロは。

つまり、「いつも現実を見ている」

だからこそ、きっと事務所から無理やりやらされたであろう

あのイラドル・ぶりっこキャラが

余計に目立つ。

所謂、ギャップというやつかもしれないけれど、

それが際立って目立つということは、

裏を返せば「本人はそうじゃない」ことの現れだとも思う。

本当にそのままぶりっこならば、違和感を覚えないはずだから。

 

 

かつ、彼女は頭の回転が速く、おそらく賢い方なんだとも思う。

皆さんがどう思っているかはわかりませんが、

私個人的には、本当に面白く馬鹿ができる人間というのは

極めて賢い人間が多いと思っています。

賢い人間というのは総じて「空気の読める」人間であり

日々変化する日常の中で「その中で何を求められているのか理解している人間」でもある

そのうえで、面白いことができる人間というのは

「自分がおかれている状況を瞬時に把握し、なおかつ何を求められているか理解し、

さらに、どういうアクションをすれば面白いかを瞬時にひらめく才能がある人間」

と理解しております。

 

 

この意味で、嗣永さんはなかなか才能がある方だなと

よく思っていたものです。

 

百聞は一見に如かず。

 

 

youtu.be

 

 

いやー、これは最高です!

本領発揮、というかここまで身体を張ったのにはなにか意味があるようにも感じる

すごい気迫です。

「ここは出とかなあかん」とばかりに前に出る出る。

Berryz工房の飛躍のチャンスとばかりに。

前に出た瞬間、一瞬岡村さんが怯んだのも

なにかその気迫に押されたようにも見える。

加藤浩次さんならいじってもらえる」と執拗に加藤さんに絡んだのも、

うーん、よくわかってる。

賢い!

素晴らしい勝負士根性です!

賢い人間は絡んでいい相手かどうか、その相手が賢い人間かどうかが分かるのだと思います。

いい意味での「類は友を呼ぶ」かと。

加藤浩次さんをあえて選んだももちはやっぱり策士であり

勝負勘の鋭さを感じます!

お見事!

 

 

 

その嗣永さんが来年6月末をもって引退と報じられ

近年稀にみる、私の推しアイドルが引退ということで

さみしい気持ちもありますが

でも、賢い彼女らしい選択のようにも思い、

なんとなく納得もしています。

 

…ってか、アンタももちの何なのよ?…

 

 

上から目線ではなく、純粋に一人の人間・ファンとして今後発展されますよう

影ながら応援しています。