artbluebird

約5年の沈黙を破って、、、

エイプリルフールの真実

どういう職業であろうとも、

「やりきれる技量」

というのは、非常に重要だと個人的には思っている。

 

 

そこそこいいところまでいく。

というのも大事な時期はありますが、

場合によっては、それでも「やりきる」ということが重要なときがある。

営業マンにはわかりやすいお話しかと思いますが。

 

 

 

経験だけでもダメ。

頭脳だけでもダメ。

技術だけでもダメ。

感性だけでもダメ。

人脈だけではどうしようもない。

あくまでも、己が今現在持っているすべてを

自分自身できちんと融合できたときに

はじめて「やりきれる技量」がつくもので。

 

 

 

やりきるには、単体要素だけでは無理な場合がある。

寧ろ、単体要素だけでやりきるほうが無理があるし、実際そのほうが多い。

いつだって複合要素が混在する。

己が持ち合わせている一つ一つの要素をどう組み合わせたら最善のバランスになり

かつ、関係者が皆winwinの関係になれるのか、

それが見えるかどうか、

ここは己のセンスが問われる部分ではありますが、

そのセンスというのは先天的なものではなく、むしろ後天的に身につくものが多いわけで、

己のセンスが現時点でどの程度かと

己の今持ち合わせている要素がどういうものか

自分が嫌になるほど自分を冷静に分析・理解し、尚且つ独りよがりではなく至極冷静に見ていないと

「やりきる技量」は得られない。

し、未来の自分に発展することも、皆無である。

非常に苦痛の伴う作業でありますが、こればっかりは自分でやるしかないもので。

最近の若者がそれをとてつもなく軽視し、

「どーせ昔の時代の話やろ」ぐらいに、自分とは無関係ぐらいに思っている傾向があるから、

深い部分で「やりきる技量」というものが身につかないんだろうなと、

相当な第三者的目線で、私はよく思う。

が、口には一切しない。

なぜなら 「私がテメーのお世話してないから。」

結構冷たいです、その辺は。

過去のブログで記載させていただいていますとおり、

私は聞いてくる人間にしかアドバイスは一切しない主義ですし、

それでいいと思っています。

そのほうがいいことが多いからですね、お互い。

 

 

あと、もしかすると若者だけとは限らないとも最近は思います。

ある意味今の若者は可愛そうなのかもしれません。

ゆとり世代だから」

の一言で片づけられ、実はそうじゃない若者もたくさんいますし、

ある意味バブル期を体験している世代よりも時代背景的に堅実にならざるをえず

金銭感覚はまともな人間が若者には多いように、私は感じています。

だから一概に今の若者が悪いわけではなく、

寧ろバブル期のイケイケを経験した世代のほうが危機管理能力に関しては低いようにも感じます。

それは、自分で考える力を養う時代ではなく時代に踊らされ自分が生かされる時代を経験してきたからです。

時代背景は仕方がないのですが、いつまでも「私たちはそういう時代だった」と過去にしがみつくのも、

実に見苦しく、また臨機応変に時代を見極めてないんだなと感じる要因でもあります。

 

 

私の22歳のときは、就職氷河期の絶頂で

それはそれは苦労しました。

それに、結構時代や価値観の転換期でもありましたから、

そのあとも上や下と時代背景が違うということも、よく肌で感じることがありました。

だから、両方のいい部分も、そうでない部分も、

私なりには感じていますし、

そのうえで、「じゃあ私がどう生きるか」も考えるところであります。

 

 

ただ、どういう時代に生きようとも

大事なことがある。

 

 

 

そのひとつが「やりきれる技量」かと

私は思う。

 

 

youtu.be

 

 

柳沢さんの唯一無二なところは、

喋り始めた瞬間から、独壇場にしてしまう国宝級の話術にある。

これは本当にすごい!

し、無茶苦茶面白い!!

ホントにすごい!!!

 

 

 

 

 

 

無言の会話。

 

 

もうすぐ3月が終わります。

会社によって会計年度が異なりますが、

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

 

これは私のブログですので多少自分に対しての記述が多いことはご容赦いただければと思いますが、

今年に入りまして度々お伝えさせていただいてますとおり、

例年に比べ、

主に「時間的に」タイトになっております。

いつかのブログでもお伝えさせていただいていますとおり、

昔から時間がないことで彼氏に振られることが多数過去ありましたため、

これはもう自分で自覚するしかないと自分に言い聞かせている部分でもありますが、

それがさらに加速しているのが

今現在、であります。

 

 

個人的には有難いことではありますが、

これが一人の女としてと考えると

実は淋しいものなのかもしれないとも頭にかすめつつも、

「そんなもん知るか。」

と、やはりどうでもよくなってしまうのが私です。

 

 

モテようがモテまいが、

正直私の興味ではないのです。

 

それよりも、考えることがたくさんありすぎて

パーマンじゃないですけど、

1号、2号、3号、と

分身がほしいぐらいです。

 

 

 

先日、束の間の休息がありまして、

久しぶりに愛犬と一緒に仮眠を取ったんですけど(with 私の腕枕)、

愛犬のリアクションがまー素直で。

 

 

「いや、だからさ。お前最近全然オレと遊んでくれないじゃんか!お前はホント何してんだよ?!」

 

 

「だからさ、この前も言ったけど、ちゃんとお仕事しとるんやけ、そんな文句言わんと!」

 

 

「…おー、そうか。」

 

 

 

その3分後には眠りにつく愛犬。

 

「なんだよ、カップラーメンと一緒じゃんかよー。」

とひそかに私は思いながらも、

一緒に、いつもどおり腕枕をしながら束の間の仮眠をとるのである。

 

 

 

うちの家族はちょくちょく戦線離脱する人間が多いからこそ、

ここ数年でやたらと愛犬が私に頼ってくることが多い。

 

 

しかも、最近は老犬だから仕方がないけれど、

目が見えづらくなってて、

戦線離脱する家族が多い中時間的な余裕がない私は、

愛犬に申し訳なく思う部分もある。

 

 

だけど、

私も私で事情があるから、

それはいつも、言葉が発せられない愛犬に伝えてはいる。

 

 

「○○、私も働かないと、お昼寝もできんくなるけねー。」

 

 

と。

 

 

これも、先のブログでお伝えさえていただいてはいますが。

 

 

 

youtu.be

『in the mood』

 

 

youtu.be

 

 

「アンタはこの曲ね。」

 

 

 

有無を言わさず、小学生の時にスパルタ先生に渡された一本のカセットテープに入っていたのがこの曲だった。

 

 

色々制約があってこんなスイングしたビックバンドジャズではなく

ピアノアレンジされたものだったけれど、

 

 

それが、私が生まれて初めて一個人として

“何かを”

親以外の一介の俗世間のオーディエンスに

初めて披露する曲になった。

 

 

それが10歳の時。

あれから30年まではいきませんが(きみまろさん風に言えば)

時間が経った今でもこの曲には特別な思い入れがありまして、

あの時はスパルタ先生に有無も言えなかったけど、

今なら少しだけ自分なりのこの曲に思うことも

先生に言えそうな気がします。

 

 

※先生、お元気にされてますでしょうか?

熊本で、先生らしく相変わらずスパルタに指導されてましたら、

私は嬉しく思います。

それがある意味先生らしさでも、ありますから。※

 

 

あの時は、なんでこんな明るいポップな曲を私に授けたのか理由が分からなかったけれど、

今なら少しだけですが、分かるような気がします。

 

 

 

…先生は、私の本質をあの時にすでに見抜いてたんやな。…

 

 

 

母親はよく私に言っていた。

 

「アンタはホント、いい意味でもそうじゃなくても目立ってしまうけね。」

 

 

そのいい意味が、

スパルタ先生が言った

 

 

「アンタはこの曲ね。」

 

 

なのである。

 

 

 

 

私はあれから、本質が変わらず、そのままなのかもしれない。

 

 

 

 

 

あーーーー、とりあえず仕事頑張った!!!

 

 

 

お疲れっした!!

 

 

 

 

無差別女が誕生日に過去を振り返る。

youtu.be

 

 

 

腹筋が割れていて振られた彼氏は一人しかいない。

(これは私も“あー、アンタはこういう女は嫌いやったんやねー。付き合う前に気が付けなくてごめんね”って、今なら言えますが…)

その他の過去付き合った彼氏で別れた理由はただひとつ。

「お前みたいな忙しい女には付き合えない」

腹筋アンフェチ以外の彼氏はほぼほぼこんな理由で別れている。

あ、一人だけちょっと特別な人はいるけれど、

その人についての明言は今回も、今後も、きっとないと思います。

一人だけちょっと別次元の方がいました。

私個人的にいろいろと思い入れがありすぎるのと、

彼の今現在を考えると、

とてもじゃないけど言えません、私個人のあの当時の感情なんて。

彼には幸せになってほしいです、

一番苦しい時も、幸せな時も、両方見てますから。

なにより、今もあの時のまま好きなことをしていてよかった。

ただ、それだけです。

元気で、幸せに、好きな仕事をしているって

いいじゃないですか。

 

 

 

 

と、最近誕生日を迎えた私は素直に思う。

 

 

私、過去に付き合っていた男性については全く未練がましくありません。

その方が今幸せなら、それでいいじゃないですか。

自分とは何かが合わなかった、

ただそれだけです。

それは、好きとか嫌いとか

そんな動物的感情だけで片づけられるものでもありませんので、

考えれば考えるほど複雑になっていく迷路のようでもありますが、

私個人は終わったことに関してはイチイチ言いません。

仕事も同じなのですが、結構冷静に見てます。

自分が悪かったことも、そうでないことも。

でも、仮に相手が悪かったとしても、

今更言ってどうしようもないことだって世の中多々ありますし、

相手の今後もありますし、そもそも私自身が未練がましいタイプではありませんから。

 

 

 

そんなワーカーホリック気味で振られた経験が多々ある私が、

誕生日を境に

ますますワーカーホリックになっている。

 

 

…このままいくと50代で私死ぬやろうな。そんな長生きせんな、コレ。…

…あ、その前に結婚どころか彼氏できんわー、まぁしゃーなしやな。…

みたいな感じです(笑)

 

 

 

もしそうだとしても、多分私は全く未練なく死ねるような気がする。

 

 

 

それぐらい、今やっと

私の人生が楽しく苦しいものになりつつある。

 

 

 

進学校の高校生時代、男女問わず同級生からよく言われていた言葉が今蘇る。

 

 

「ホントお前さー、人を選ばないというか、無差別よね。ある意味凄いわ。」

 

 

そう、私個人は人を区別しても差別はしない。

それが私の価値観だからだ。

区別と差別の差がわからないのは私の中ではよくわからないお話しですが、

少なくとも

差別は基本的にしない。

なぜなら、差別には先入観が大きいところがあるから。

区別するのは、善悪の判断が正常に出来るかどうか、

ただその一点です。

だから過去の学生時代のエリートの友人が

なぜ学力以外のわけのわからない勝手な自己判断で決める他人の人間性に左右されるのか、

私にはさっぱり理解できなかった。

だから、おかげでクラスの誰とでもフラットに話せる立ち位置だったのが私です。

なぜなら、人を差別しないからです。

今考えるとそのおかげで今があるように思います。

 

 

これはアーティスト時代にアーティストとしての自分には一切乗せなかった、

もう一つの自分ですが、

やっぱり私にはこのほうが合っているし、

なにより楽しい。

赤ちゃんから私のおじいちゃんおばあちゃんの世代の方まで

平等に対話できる。

人の話聞くってすっごい面白い。

し、その瞬間だけは、誰もが幸せな顔をする。

理由は、「あ、この人は自分の話を聞いてくれるんや。」って思うから。

 

 

 

仕事だからもちろん楽しいばっかりではありませんが、

それでも、今、私は楽しい。

そう思えて嬉しく思っています。

 

 

 

 

誕生日お祝いしてくださった方々、

ありがとうございました。

私と他人。

 

 

…お前久しぶりじゃねー?最近お前全然オレとお昼寝してくれなかったじゃねーか。いっつも玄関で“お仕事行ってくるねー。お利こうにしてるんだよー。”とか言って全然オレに構ってくれなかったじゃないかよー。お仕事とか言ってるけどよー、ホントは何やってたんだよ?…

 

「いや、ほんとに仕事やし。嘘やないし。そうせな、○○(愛犬の名前)のご飯も買っあげられんとよー。だけそんな文句言わんでよー。家ではお仕事の話ほとんどせんけわからんやろうけど、こう見えて結構頑張っとるんよー。」

 

 

無言でそう語り掛けてくる愛犬に私はきちんと言葉で返す。

 

 

そう、私自宅ではほっとんど仕事の話をしないんです。

嫌なんですよー、自宅に仕事持ち込むのは。

特に終わった後にあーだこーだ言わないです。

市場調査も兼ねて、勝負の前は聞くことはありますが、

終わった後に聞いたことがありません。一度も。

意味あります?それ。

終わった後でよくなければ、

通常の感覚をお持ちの方ならご自身で反省して次の仕事に活かすはずです。

私からすると、どういう人間であれ、それまでに自分で準備してないから悪いぐらいにしか思いません。

それを怠ってよく自暴自棄になっている人間を拝見しますが、

「お前が悪い。」

ただそれだけです。

同じ会社だろうが知りません、そんなもん。

勝手に自分以外のものに当たらないでほしいです。

非常に迷惑です。

勝手にご自分で反省されてください、ムカついてください、

っていう感じです。

 

 

私は素直に聞いてくる人間には非常に寛容ですが、

上記のようなかまってちゃんだとか勘違い野郎には

とことん冷たいです。

当たり前です。

私含めベテランの同業者の方に非常に迷惑ですし、なぜこちらが気を遣わないといけませんか?

逆ですよ。本当に。

「ド素人のくせになにを偉そうに何言ってるんだろう。」

って感じです。

そんな勘違いど素人にはとことん冷たいですし、完全に無視します。

関わりたくないですもん、そんなガキは。

それで文句言う人間なんて、空気以下の扱いしますので。

世の中、そういうものだとすら思います。

勝手に自暴自棄になって自滅してください。

そんな人間にこちらは一切手を差し伸べませんので。

 

 

 

で、そんな空気以下の人間の話はここまでにして、

私個人的なお話しをしますと、もちろん自宅で事前に仕事の情報収集やら技術を磨くための努力はしますけど、わざわざそんなこと家族に話さないです、私は。

もしも家族に話したり聞いたりするのであれば、オーディエンスとしてどう思うのか?を聞くぐらいです。

他のことは一切聞きません。

なぜならば、現場にはいろいろな人間がいるから、です。

一人の人間の言うことがすべて正しいはずがありません。

しかも身内なら多少のひいきで発言することもありますが、

私はそんなもの求めていませんので、純粋に一人の人間としての感想を聞くぐらいです。

あくまでも聞くのは「初めて見た人間がどう思うか」ぐらいです。

私の勝負している世界は自分とは関係ない人間がほぼ100パーセントの世界ですから、

極力身内感覚を避けたいというのはあります。

そんなもの、あったとしても現場では関係ありませんから。

寧ろ無駄です。無意味です。

 

 

 

世の中、そんな甘くはありませんので。

 

 

 

 

finish !!!!!!

 

【再掲】

 

youtu.be

 

 

 

 

終わったーーーーー!!!!

 

 

いやー、有森裕子さんではありませんが、

ほんと、率直に、

今の気持ちは「自分を自分で褒めてあげたい!」

まさにこんな心境でございます。

 

 

と同時に自分の伸びしろも明確にわかり

その突破口も

「この先どうすれば成長するか」もハッキリと確信でき

無茶苦茶忙しいながらも非常に有意義だったように思います。

関係者の皆さま、

オーディエンスの皆さま、

本当にありがとうございました!

ただ、半端なく忙しかったのは事実です。。

一日終えるたびに、しばらく動けなくなるぐらいどっと疲れちゃいます。

それぐらい頑張ったんです(自分で言うなという感じですが)

…あー、昔身体鍛えすぎて彼氏に振られたけど、あのとき鍛えとってよかったわー。そうせな死ぬぞこれ…

って感じの忙しさですから。

頭脳も大事。

気力も大事。

感性も大事。

だけどやっぱり何をするにも身体が資本です。

…いや、こんな体脂肪率が20近くある身体で今から先勝負できるわけなし、また鍛えなほんと。…

私の伸びしろの一つです。

いくら30代半ばだって旧クルム伊達さんみたいな40歳過ぎてもスーパーウーマンは人類の1パーセント未満ですが、

存在することは事実ですから、

不可能なんてないんです、やろうと思えば。

あー頑張ろっと!

 

 

でも今日は大好きなお酒を自宅でじっくり嗜みます。

 

…よかろーもん!

お仕事ホントに頑張ったから、ちょっとぐらい自分にご褒美しても。…

 

 

※過去お酒の失敗を経験している私は、こういう時は絶対外で飲まないと決めています!自宅が一番心地いい。愛犬もいるし!犬好き。※

 

 

あーホントやりきったわー。

稼働率120パーセントの現在

 

 

…はい、やっぱりそうでした!昔から勘は鋭いから絶対そうやんこれって感じやったけど、間違いない!!今年は忙しい!!!…

 

 

こんなに忙しいのは多分7.8年ぶりぐらいだと思います。

有難いことでございます。

稼働率120パーセント。

忙しい時にはいつも

スラムダンク安西先生のこの言葉を思い出します。

「技術も・・・気力も・・・体力も・・・持てるもの全て・・・全てをこのコートにおいてこよう」

 

 

自分のキャパを自分で超えようとしているとき

これを自分で認識しているかどうかでその先の人生が大きく変わってくる。

また、限界ギリギリの状態のときほど、

不思議と成長できるものです。

というか、こういう状態にならないとその先成長しないということもありますが…。

ただ、この安西先生の言葉は、要するに「背伸びせずに、限界ギリギリの状態で今の自分で真っ向勝負しなさい」

ということだと思う。

 

 

「限界ギリギリの状態でも、冷静に自分を見なさい。そして、その自分で勝負しなさい。」

 

 

ちなみに今の状態の私に足りないモノは、筋肉です!

「あー、昔は体脂肪率なんか13ぐらいやったし、あのころに戻りたいなー。」

なーんてこと言ってても時間は戻ってくれませんし、

それこそ、20近くまで増えてしまった体脂肪率に闘志を燃やし

またストイックに己の身体を鍛え上げるのみです。

巷の女性が安易にダイエット食品とかに飛びつきますけど、やっぱり自分で鍛えないと肉体って保てませんから。

安易に飛びつけば、やはり結果も一過性のもので、それ以上でも以下でもない。

 

 

今でも腹筋の線は入っていますが、全盛期は腹筋がガッチガチに割れてて彼氏に振られるという前代未聞の失恋を経験していますから…脱いだら凄いが仇になった笑い話です。

 

 

 

ちょっと危うく下ネタになりかねないので話戻しますね。

 

 

まぁーということで忙しい時にモノをいうのはやはり筋肉です。

筋肉は大事。

 

 

まず肉体が健全でなければ、技術も、気力も、なにもありませんしね。

 

 

 

youtu.be